やらないことリストを作る!

今日のまとめ

・夜のPCを開かない
・夜のスマホを見ない
・余計な買い物をしない

全ては当たり前ですがついついやってしまうんですよね。

リスト化して見える化して意識しすればまた違うかな。

面白い観点ですよね!

 

ToDoややることだけではなくやらなくていいものもリスト化しよう!

 

こんにちは!
千葉のメンズオンリーサロン
THEDAY CUT&CULTURE SHOP
ルーカスヤマダです!
THEDAY CUT&CULTURE SHOPって何?

本を聴く

最近はこのサービスが非常に役にたっています。

僕が最近メインで使っているのが

参考 audiobook.jpaudiobook.jp

いろりろ調べた中で一番のメリットは聴放題があること。

 

スマホの容量次第でダウンロードし何冊でも聴き放題。

沢山の本が聞けるのはいいけど、最新タイトルや人気タイトルはあんまりない。

 

その中でもためになる本やいい本はたくさんある!

 

 

 

 

このマーフィーシリーズは本当にいいです!

 

などなどいい感じの本が結構聴き放題であります。

「聴く」メリットはやはりながらが出来ること。

車移動や電車移動、家事など頭をあんまり使わなくていいときに最適です。

 

そして何度でも何度でも聞き直せる。

 

本もそうですが、1回ではなかなか全てが頭に入りません。

良書こそ何度でも読み返したい。

こういったオーディオブックはそれが簡単に出来るので良書を何度でも聞き直せる。

速聴も脳の活性になる

何かの本に書かれていましたけど「速聴」を会社のカリキュラムに取り入れている。

 

最初は1.5倍でも正直全然聞き取れませんw

もうネタでしかない。

でも不思議と耳が慣れてきてしっかりと聞き取れるようになります。

 

最近では2倍でも普通に聞き取れるようになりました。

ランニングしながらの速聴はいいですよw

朝から超スイッチ入ります。

 

そして時短になります。

 

休みの日に1日本読む日を設けたとしても、分厚本を1冊読むのに3時間かかるとしたら、2倍速で1.5時間で済むんです。

同じ時間で2冊の本が読めるんです!

 

これは最高です!

そこで出会った「やらないことリスト」

これはなかなか面白い発想でした。

意識したこと全く無かったです。

 

本では参考書の説明でした。

何かを勉強したいときに参考書を買います。

「合格」のための参考書ですが、あれこれと見ているうちに「これもいい」「あっちもいいなぁ」と余計な参考書を買い込んでしまい買ったことに満足し結局勉強しない。

本末転倒です。

 

でも当てはまる気がします、、、

 

日々リストをチェックすることで意識を改め、余計なことはしない!

きっぱりシャットアウトすることも時によっては必要なのではないでしょうか。

 

習慣化が簡単になる??

これを習慣化に当てはめてみるといいですね。

早起きをしたいけどなかなか出来ない。

 

その理由をあげると

・夜のスマホ、PC

・夜ふかし

など「やらなくてもいい」ことが多いのではないでしょうか。

 

ToDoリストは行動する前にチェックしたり、思い出すためにチェックしたりします。

同じイメージでいいのではないでしょうか。

 

寝る前に「やらないことリスト」だけチェックしやらないで寝る。

これだけでもだいぶ朝起きるの楽になりそうですね。

少しの工夫は必要かもしれません

「やらない」だけだとマイナス要素が強くモチベーションが保ちにくそうです。

僕の場合はいつもsnsの広告やメール、lineからAmazonに飛びお気に入りや類似品につられポチりますorz

 

なので広告を開かない、メールを見ないはかなりの難題!

なのでスルーをするかすぐにスクロールします。

それが一番です。

 

もしくは探しものをしててsnsやメールを開いているのであればそれを口に出しながら探す!

口に出すことも以外といいですよ!

 

ではまた!!

⬇️⬇️るーInstagram⬇️⬇️

 

整体ができるメンズオンリーサロンTHE DAY CUT & CULTURE SHOP

千葉市中央区中央港1-24-14 SEASCAPE千葉みなと 1F

千葉みなと駅から徒歩3分

(駅海側に出て右手に見える白と黒の建物の1Fです)

専用駐車場4台分あり

駐車場のご案内はコチラをクリック

TEL予約

043-306-7116

美容のネット予約はこちらから

営業時間 :平日:12:00 ~ 22:00

土日祝:09:00~19:00

2019年6月より
第2・3火曜日定休

ご予約優先

お会いできる日を楽しみにしております

ホームページ